道東ぐるり旅 冬 7 オホーツクビアファクトリー 駅近グルメ

14時31分に北見駅に到着。

69北見駅外観

駅前の一角にカーリングのまち北見市のモニュメント。
ここ北見市は平昌五輪カーリング銅メダルのロコソラーレのみなさんの出身地。
(注:スキップ藤沢五月選手が北見市、吉田姉妹、鈴木、本橋の4選手は北見市旧常呂町の出身)
カーリング場のある旧常呂町までは車で40分ほどかかります。
カーリング場へは行けないので駅近グルメに行くことにします。

70北見駅前

北見駅から歩くこと約15分。
オホーツクビアファクトリーに到着!!
オホーツクビール株式会社さんの醸造所併設のビアレストランです。
平日の15時という中途半端な時間帯なので他にお客さんはなし。
お昼休みなしの通し営業なので非常に助かります。

71オホーツクビール

オホーツクビールさんは1987年から地元有志が研究を重ね、
1994年に酒税法が改正される(少量の製造が認められるようになった)といち早くビール醸造の免許の申請し、
醸造免許を取得されました。
これは酒税法改正後、日本第1号の免許だったそうです。
近年、クラフトビールの醸造所が各地に作られ、人気を博していますが、ここオホーツクビールさんがまさにその先駆者だったわけです。

レストラン内に仕込み釜がディスプレイされています。
また店内はとても広く、個室なども含め約200席ほどあるそうです。

72オホーツクビール中

オホーツクビールさんのこだわりは麦芽100%、ドイツのビール純粋令に従って製造されています。
ビールのラインナップは通常メニューが、ピルスナー、エール、エール(ろ過前)、ヴァイツェン、マイルドスタウトの5種
それにプラスして季節限定醸造のビールです。

全種類グラス1杯520円とクラフトビール界ではリーズナブルな価格だと思います。
ありがたいことに飲み放題プランもあります。
男性2500円、女性2000円で90分飲み放題。
予約なしでも注文できるので、全種類飲むなら飲み放題でGO!!

季節限定のクリスマスビールをいただきました。
ホップがよく効いた少しさわやかな飲みごたえです。

73クリス明日ビール

料理も地元北見、オホーツク地方の食材を使用したメニューが多く、何を頼むか迷います。
北見のB級ぐるめオホーツク北見塩焼きそば、オホーツク産ホタテの塩焼きやフライ、
北見と言えば玉ねぎの街、玉ねぎを使用したオニオンサラダ、オニオンコロッケ、きたあかりのポテトフライなどなど・・・

とりあえず、カキフライを注文!
カーリング場のある旧常呂町はサロマ湖、オホーツク海に面した街で、カキやホタテが名産品。
旧常呂町のカントリーサインはカーリングをしているホタテマンでした。
長野オリンピック男子スキップで現在は解説者として活躍されている敦賀信人さんは、本業はホタテやカキの漁師さんだそうです。
話が脱線しました、このカキが常呂町産かはわかりませんが、オホーツクのカキホタテは絶品です。

74okbカキフライ

続いて北見産玉ねぎの揚げ出し玉ねぎ。
なんと丸ごと1個ドドンと!!北海道らしい豪快さがいいですね。
玉ねぎってこんなに甘いんだなぁということを実感。

75揚げ出し玉ねぎ

ビールもいただきますよ。
マイルドスタウト。
程よい苦みの正統派の黒ビール。おいしゅうございます。

76スタウト

ろ過前エール。
酵母がそのまま入っているので少し濁っています。
醸造所併設のレストランだからできる新鮮なビール。
ろ過前エールはここでしか味わうことができません。
ろ過されたエールよりまろやかで口当たりの優しいビールでした。

77エールろ過前

もちろんビールは全種類制覇しました。
ピルスナー、エール、ヴァイツェンもまさに正統派の味わい。
とてもおいしいビールでした。

食事もオホーツクの幸が目白押しでうまい!ビールも本格派!!
とても良いお店でした♪♪♪

オホーツクビール公式HP


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

旅鉄ぴ~た~。

気ままにぶらり旅
徒歩鉄、乗り鉄、呑み鉄、グルメ鉄、撮り鉄。

プロフィール

旅鉄ぴ~た~。

Author:旅鉄ぴ~た~。
気ままにぶらり旅
徒歩鉄、乗り鉄、呑み鉄、グルメ鉄、撮り鉄。

フリーエリア

フリーエリア

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR